なんで僕だけ:多田昌平 監督

sazanamiff_whyme001
好きな友達とあまり好きではない友達。些細なきっかけで、くっついたり離れたり…
子供たちの微妙な関係を描いた作品。

■監督・プロデューサー:多田 昌平

初監督作品『煩頭(ぼんず)』はドイツ・ジャパンコネクションやロッテルダム国際映画祭などに選出。
2作目の『トゥルボウ』は、水戸短編映画祭グランプリをはじめ、
高雄映画祭(台湾)の優秀作品賞を受賞するなど、国内外で評価される。監督作品としては、今回が3作目。

■主演:佐藤 滉太

■作品あらすじ
小学4年生で問題児の竜司と、同じクラスのシュン・サルマン・コウタ。
4人は一緒に下校する仲だが、竜司と3人には微妙な距離があった…。
(2014年 22分40秒 ロケ地:東京都調布市)
※大塚ショートフィルムフェスティバル 上映作品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。