Kesennuma, Voices. 東日本大震災復興特別企画〜堤幸彦の記録〜:堤幸彦 監督

sazanamiff_kesennuma001
被災地・気仙沼を舞台にしたドキュメンタリードラマを『ケイゾク』『SPEC』などの演出で知られる気鋭の監督・堤幸彦氏が制作した。『Kesennuma,Voices. 東日本大震災復興特別企画~堤幸彦の記録~』と題された作品には、妹夫婦を津波で亡くしたアナウンサー生島ヒロシ氏の長男・生島勇輝と次男・生島翔が出演し、被災した気仙沼の人たちの生の声を聞いていく。

■監督:堤 幸彦
sazanamiff_mr_yukihiko_tsutsumi

1988年オムニバス作品『バカヤロー!私、怒ってます』で劇場映画
デビュー。
ドラマ『金田一少年の事件簿』、『ケイゾク』、『池袋ウエストゲートパーク』、『トリック』シリーズ、映画『20世紀少年』3部作等のヒット作を通し、スタイリッシュな演出と独自の笑いで“堤色”というべき世界を確立、不動の人気を得る一方、『明日の記憶』や『MY HOUSE』などの社会派作品も手がける。
また、映像演出の他にも、『悼む人』(2012年)や、『真田十勇士』(2014年)など、舞台演出も精力的に行っている。そして、来年2015年には映画『悼む人』(東映系)、『天空の蜂』(松竹系)の公開が控えている。

■プロデューサー:神康幸、篠原彰弘

■主演:生島勇輝、生島翔

■作品あらすじ
物語は、ボランティア活動のため気仙沼に向かう生島兄弟の出発から始まっていく。叔母一家を失うことで深く大震災に関わり、傷つきながらも、どう対処すべきか答えを見いだせない東京在住の二人。気仙沼での日々を通じて、震災がもたらしたものに直面し、自分自身の現状と向き合わざるを得なくなる。どんなに溝を掘っても掘っても終わらないボランティア活動の無力感と喪失感。復興の困難な状況の中、やがて変化していく二人の心。そこには、苦しくともゆっくりと立ち上がっていく気仙沼の人々が映し出されていく。
(2012年 84分50秒 ロケ地:宮城県気仙沼市)
※「第2回衛星放送協会オリジナル番組アワード」ドラマ番組部門最優秀番組
※地方団体のフォーラムにて上映

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。