赤山洋太郎の二日

あらすじ

目の前で恋人の祥子を誘拐された赤山はすぐさま後を追う(あとは本編をご覧ください)。

作品Data

作品名 赤山洋太郎の二日
( あかやまようたろうのふつか)
監督 稲葉奇一朗(いなばきいちろう)
プロデューサ 稲葉奇一朗 (いなばきいちろう)
栗林賢司(くりばやしけんじ)
主演 佐藤ザンス(さとうざんす)
上映時間 13分35秒
製作年 2017年10月
上映履歴 アクション映画祭り2017
福井BURNINGSPRIITS2018
主なロケ地 千葉県安房郡鋸南町
作品紹介 アクションに慣れていない製作者が敢えてアクションに挑むバカ映画です。
監督プロフィール ホラーやサスペンスを中心に撮ってきましたが、今はバカ映画中心です。もう人生に未練はありません。今年で映画製作は打ち止めにする予定。

老ナルキソス

あらすじ

セクシャルマイノリティーの老いた絵本作家
70歳を目前にはじめて自分以外の人間に恋をする。

ゲイでナルシストの老絵本作家・山崎(田村泰二郎)は老いて醜く衰えゆく自分の姿に耐えられない。山崎はある夜、若く美しい男性レオ(高橋里央)に出会う。プレイ中に倒れた山崎は老いの苦しみを打ち明けるが年若いレオには響かない。鏡に映る自分の姿を見続けるために山崎は自傷的な行動に走ってゆく。

予告編

作品Data

作品名 老ナルキソス  (ろうなるきそす)
監督 東海林 毅 (しょうじ つよし)
プロデューサ 川勝 奈穂 (かわかつ なほ)
主演 田村 泰二郎 (たむら たいじろう)
上映時間 21分40秒
製作年 2017年10月
受賞歴 第53回TOKYO月イチ映画祭 グランプリ
第27回レインボー・リール東京 グランプリ 
福岡インディペンデント映画祭2018 優秀作品賞(技術賞) 
第20回長岡インディーズムービーコンペティション 準グランプリ
上映履歴 2017 11/4  第6回渋谷映画祭 東京カルチャーカルチャー
2017 11/11  第53回TOKYO月イチ映画祭 グランプリ
2018  2/23「夜の掌編集」名古屋シアターカフェ(イベント上映)
2018 2/25 第2回 名画座オカマルト」(イベント上映)
2018 3/16 ゆうばり叛逆映画祭2018 入選
2018 5/4  M’sインディペンデント映画祭 吉祥寺曼荼羅(イベント上映)
2018 5/12・13  第5回 岩槻映画祭 入選
2018  5/18 「夜の掌編集・金沢編」金沢オヨヨ書林(イベント上映)
2018 5/27「第3回 名画座オカマルト」(イベント上映)
2018 5/27 JAPAN FILM FEST HAMBURG 19th 正式上映
2018 7/14 カナザワ映画祭 期待の新人監督2018 入選
2018 7/16  第27回 レインボー・リール東京コンペ部門 グランプリ
2018 7/22 「オイドセレクション OYAZI loves CINEMA vol2」(イベント上映)
2018 7/22「第4回 名画座オカマルト」(イベント上映)
2018 7/29「第5回 名画座オカマルト」(イベント上映)
2018 8/8 M’sインディペンデント映画祭 吉祥寺曼荼羅(イベント上映)
2018 8/25 TOKYO月イチ映画祭グランプリ大会
2018 8/25 金沢新天地夏祭り キネマ新天地(イベント上映)
主なロケ地 東京・渋谷
作品紹介 自己愛に囚われた絵本作家の山崎は老いて醜く衰えゆく自分の姿に耐えられない。自暴自棄になった山崎は鏡に映る自分を見続けるため自傷的な行為に走ってゆく。
老いたゲイのナルシストを演じるのは「太陽」(アレクサンドル・ソクーロフ監督)などで存在感を発揮する田村泰二郎(70)。舞踏によって培われた肉体で老絵本作家の快楽と苦悩を全身で表現している。また小島ケイタニーラブによる音楽が作品に繊細な彩を与えている。
作品紹介URL https://old-n.themedia.jp/
監督プロフィール 武蔵野美術大学在学中から映像作家活動を開始し1995年東京国際レズビアン&ゲイフィルムフェスティバルにて審査員特別賞を受賞。2018年には同映画祭でグランプリを受賞した。現在は監督・VFX担当として幅広く活動中。

CRYINGBITCH

あらすじ

「妻の様子がおかしい・・・・」それは、一人の男と、彼に巻き込まれた男女の悪夢のような二日間。。 広告業界で働くイケメンプランナーのケーイチ。 美しき女性、さとみを姉さん女房に持つ彼の人生は誰が見てもマキシマムリア充。 しかし、リア充を謳歌しすぎたが故に暴走するケーイチの女性関係。 ある日を境に妻の”異変”に気づき始めたケーイチ。
しかし、時はすでに遅く、異変とともに始まる阿鼻叫喚&地獄絵図の一夜。

予告編

作品Data

作品名 CRYINGBITCH  (クライングビッチ)
監督 津野励木 (つの れいき)
プロデューサ 春園幸宏 (はるぞの ゆきひろ)   
浦野大輔 (うらの だいすけ)
主演 佐伯日菜子 (さえき ひなこ) 
ミネオショウ (みねお しょう)
上映時間 14分26秒
製作年 2017年5月
受賞歴 西東京映画祭:奨励賞
MKE映画祭:あとで思い出して笑えるで賞
上映履歴 渋谷映画祭
船堀映画祭
月イチ映画祭
那須AWARD2017
西東京映画祭
MKE映画祭
三鷹連雀映画祭
ゆうばり国際映画祭
SXSW Film Festival2018
主なロケ地 渋谷区、新宿区
作品紹介 80~90年代のホラー映画にオマージュを捧げながら突き進む、スラップスティックホラーコメディバイオレンススリラー!
監督プロフィール 18歳で単身アイルランドに留学し、映像制作を学ぶ。
帰国後、なぜか鉄板焼き屋で働きながら貯金をし、ニューヨークに移住。
専門学校で映画制作を学び、極悪インディペンデント映画会社トロマのメンバーとなり、 カルト映画の巨匠ロイド・カウフマン監督に師事。
その後、血迷ってニューヨーク国連本部を主に、報道取材スタッフとして勤務。
ヒラリー・クリントンにマイクを向けた日に業務に満足し、退社。 2012年~帰国後は国内を舞台に主にTV番組やCMまた企業プロモーションPV、ミュージックビデオなどを監督。 映画予告編やプロモーション映像の編集なども手掛ける。
海外生活の経験を活かし、劇場公開映画の翻訳字幕、また同時通訳などの分野でも活躍。

狂マニア

あらすじ

ここはとある富裕層世帯。
息子の義信は両親とともに暮らしていた。
両親はもうそろそろ孫の顔が見たいと義信にお見合いを強要しようとするが、まだ結婚したくない義信はお見合いを拒否する。実は義信にはある秘密があったのだった…

作品Data

作品名 狂マニア (くるまにあ)
監督 山口通平 (やまぐち みちへい)
プロデューサ 尾内幸司 (おない こうじ)
出演 村島智之 (むらしま ともゆき) 
深琴 (みこと)
佐倉萌 (さくら もえ)
切通理作 (きりどおし りさく)
星乃華 (ほしの はな)
上映時間 32分29秒
主なロケ地 三郷周辺
作品紹介 愛するとは何か?
一方通行の愛には真実の愛があるのか?
上映履歴 グッドストックフィルム映画祭
東京電撃映画祭
監督プロフィール ENBUゼミナールを卒業後、ピンク映画の助監督などを経て現在数々のVシネマなどの助監督・制作を務める。

KARASU

作品あらすじ

フリーモデルをしている陽菜は、明日の食事も確保できないほど貧乏暮らしをしていた。
フリーモデルに必要な事は認知度だ。認知度を上げるには?
陽菜の中で答えは出ないでいた。
そんなある日、街中で変な恰好をした女を見つける。女は背中にカラスの羽根を背負い黒いワンピースを着てどこでも日傘を差していた。陽菜は彼女(カラス)の事が気になり後をつけることにする。
彼女(カラス)との出会いが陽菜の運命を変えていくことになる…

作品Data

作品名 KARASU  (からす)
監督 山口通平 (やまぐち みちへい)
プロデューサ 深琴 (みこと)
主演 深琴  (みこと)  
高野駒子 (たかの こまこ)
上映時間 14分17秒
製作年 2017年10月
受賞歴 鶴川ショートムービーコンテスト 入選
上映履歴 船堀映画祭
おきあがりこぼし映画祭
東京電撃映画祭
主なロケ地 よみうりランド周辺
作品紹介 昨今SNSが流行り出し人を中傷・批判することが日常茶飯事となった。
「はたしてSNSの本来の目的とは」というのがテーマの作品
監督プロフィール ENBUゼミナールを卒業後、ピンク映画の助監督などを経て現在数々のVシネマなどの助監督・制作を務める。